初めての輸入車にオススメの車種について

初心者の輸入車選びにおすすめの車種

輸入車を初めて購入する際にはまず、基本となるコンセプトをしっかりと固めるのがポイントです。走行性能、燃費、デザイン性など、自分のなかで大切にしたい輸入車の条件について優先順位をつけ、それに見合った特性をもつ輸入車をカテゴリごとにピックアップすることによって本当の意味で乗りやすい輸入車が見えてきます。

乗りやすさを最優先に考えるなら、ミニがおすすめです。見た目にもすっきりとしたデザインで、男性だけでなく女性にとってもなじみやすい見た目が特徴的なミニは国産車とさほど変わらないデザインのため、日本国内のロングドライブでも違和感がありません。

もう少しシックな落ち着きをもとめるのであれば、VWボロがおすすめです。ミニよりもややボリュームのある外観で、いかにも輸入車に乗っている、という実感を味わうことができます。走行性能に定評のある欧州車ということで、基本的な装備も充実。ただただオシャレなだけでなく、日常のドライブでも違和感なくなじませることができる高級志向の輸入車です。高級感を最優先するのであれば、シトロエンの上級シリーズを選びましょう。

正規輸入品と並行輸入品の違い

日本で輸入車を手に入れるためには、正規輸入品か並行輸入品を選択する必要があります。正規輸入品は自動車メーカーの直営店によって管轄されているディーラーが取り扱う商品のことで、スマートフォンで言えば純正品に近いニュアンスになります。

一方、並行輸入品は正規輸入品以外の輸入車、という意味になり、性能が目に見えて劣るわけではありませんが、直営店のアフターフォローが受けられなかったりと、サービス面で若干の違いがあります。

初心者の場合はできるかぎり正規輸入品をオーダーし、万一の場合でもディーラーによる迅速なアフターフォローが受けられるようにしましょう。

まとめ

国産車と比較した輸入車のメリットとしては第一に、走行性能が挙げられます。海外のほうが道路も広くつくられており、土地も広いため、多くの輸入車は海外で快適にドライブができるような仕様によって設計されています。

一方、燃費性能や維持費などの面でいくつかのデメリットが考えられますので、コストパフォーマンスを慎重に検討したうえで、輸入車を本当に買うべきかどうか、ということを考えましょう。特に、税金の違いは初心者が見落としがちなところですので、輸入車をオーダーする前に必ず長期的なコストをシミュレーションし、無理なく維持できる範囲の輸入車を購入しましょう。

Author: