輸入車の購入方法について解説

日本では、国産車が圧倒的な人気を誇っていますが、輸入車に魅力を感じるユーザーもたくさんいらっしゃいます。
輸入車と聞いて、思い浮かべるのはベンツやBMWなどの高級者でしょう。高級車のほかにも輸入車は日本でたくさん取り扱われています。
ここでは輸入車についてと、輸入車の購入先の違いについてまとめてみましょう。

輸入車とは?

輸入車とはその名の通り、海外から輸入された海外製の自動車になります。
輸入車には正規輸入車と平行輸入車があり、正規輸入車は海外自動車メーカーから認定された正規のインポートが取り扱っている車両のことです。
この正規輸入車は日本国内にある正規のディーラーで販売されています。
正規の車両になるので、販売はもちろん確かなものですし、それ以外にもアフターフォロー、サービスが充実しています。
消耗パーツのストックもたくさんあるので、いざというときにも安心です。
定期点検などもしっかりと行ってくれます。

並行輸入車は自由度が高い

並行輸入車とは、正規のインポートではなく、業者が海外から直接買い付けて輸入した車両です。
そのため日本国内の海外正規ディーラーが取り扱っていない車種、グレード、仕様などもオーダーが可能で、本当にほしい車が見つかりやすいでしょう。
またヴィンテージの海外中古車なども人気があります。
価格もそのお店によってばらつきがあるので、安くお値打ち価格で購入することもできますよ。

輸入車のメリットとは?

輸入車には国産車にはないメリットがたくさんあります。
例えば、輸入車特有の車の作りです。ハンドリングやブレーキ、足回りがよい車種が多く、走りがすごくがっしりしています。
自然なフィールの車が多いので、疲れにくいでしょう。
直進安定性もよく、高速燃費がよい車両も多いです。そのほか、デザイン的にスタイリングがよい車がそろっています。

故障が多い点は注意が必要!

たくさんのメリットがある輸入車ですが、実は国産車よりも故障が多いといわれています。
また車両の種類によっては、故障修理の時に必要なパーツがないというケースも実は多いのです。その点は気を付けておきたいですね。
また、コストパフォーマンスが低い、ハイオク仕様の車が多いなどもデメリットです。

まとめ

輸入車の中でもベンツやBMD、アウディなどは高級車になるので憧れがあるという人もいるでしょう。
輸入車にはメリットもデメリットもあります。国産車のメリット、デメリットも考えながら車選びをすると失敗しないでしょう。

Author: