輸入車を売る際に注意すべきこととは?

「輸入車を売ろう」と思った時、気になるのは国産車と同じ方法で売ってもいいのか、ということではないでしょうか。実は輸入車には国産車とは違う、売る時に注意すべきことがあるのです。せっかく愛車を売るのですから、少しでもいい金額で売れるよう事前に注意点を把握しておきましょう。

日本車より買い取り価格が安くなりがち?

輸入車は国産車と比べると買い取り価格が低く設定されている、というイメージを持っている人も多いかもしれません。それは、国内での輸入車の需要が国産車と比べると少ないことが原因といわれています。国内でのシェアはやはり国産車の割合が高く、さらに輸入車の場合は中古よりも新車の購入を希望する人が多いのです。また、輸入車は燃料やメンテナンスなどの維持費が安くない、という点も買い取り価格に影響を与えているため、買い取り価格が安い、というイメージがついてしまったのです。しかし、輸入車もきちんと注意点を知っておけば、損をすることなく売ることができますのでご安心ください。

高く売るためのポイント

輸入車を売るときに注意したいポイントは以下の2点になります。

・買い取り相場を調べておく

・輸入車専門の買い取り業者に売る

まずは、自分の車の買い取り相場がどの程度かを把握しておくことが必要です。査定金額が正当なものであるのかどうかの判断材料は、必ず事前に準備しておきましょう。また、売却はディーラーや、買い取り業者などいくつか方法がありますが、輸入車の場合は「輸入車専門の買い取り業者」に任せることをおすすめします。国産車も扱っている業者は輸入車に詳しくない場合があり、低く査定されてしまうことがありますが、輸入車専門であれば知識も豊富ですし、自社で整備を行っている場合は修理なども安く請け負ってもらうことができるからです。

査定での注意点

輸入車の査定では、国産車とは違ったポイントで金額が低くなってしまうことがあります。とくに注目されるのが次の点になりますので、日頃から注意しておきましょう。

・傷やへこみ

国産車の同程度の価格帯と比較すると、1.2倍以上査定額がマイネスになる可能性があります。普段から傷やへこみには注意しておくと安心です。売却後の修理を依頼する場合は、大手の輸入車専門業者であれば、輸入車用の自社整備工場があり修理費用が安く済む場合もあります。

・走行距離

走行距離は、基本的には車の年式によって基準が定められています。しかし、価格帯の低い輸入車はその基準が短く設定されている場合があります。そのため、高く売ることを考えている場合は、短い走行距離のうちに売るのが賢い方法です。

まとめ

輸入車を売る際に注意していただきたい点をご紹介しました。「輸入車は買い取り価格が安いことが不安」とい方もいらっしゃいますが、しっかり売る際の方法や、査定のポイントを知っておけば、それほど心配する必要はありません。買い取り業者や相場の情報収集は、早めにはじめておくとさらに安心です。

Author: